カテゴリ:竹田城跡( 30 )


2010年 10月 20日

藤和峠から

竹田城を別の場所から眺めようと、藤和峠に行ってみた。今主流になっている
峠より、少し手前の植林された山肌に行ったのだ。城跡で知り合った方と3人
での登山。今は植林された杉も大きく育ってるが、当時は膝上程度の高さ。
森林作業員が登った幅50センチ程度の道?を行くのだ。

もう少し上まで行きたかったが、あまりのハードさに断念してしまった。
それでも日の出には間に合い、良い朝焼けを撮影する事が出来たと思う。
f0215347_189873.jpg

f0215347_18261923.jpg
f0215347_18264257.jpg
f0215347_1827698.jpg
f0215347_18273217.jpg
f0215347_18275644.jpg


平成4年11月14日  朝来郡(現・朝来市)和田山町藤和にて

  ペンタックスLX SMC28ミリ・35~105ミリ F8 オート RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-10-20 18:32 | 竹田城跡
2010年 10月 09日

夜明け

静かな夜明けは、少し緊張したような記憶もある。

今日の夜明けはどんな感じだろうか?何度行っても、同じ顔は無い。だから
自然の作り出すその表情を逃さないために、気を引き締めるのです。

天守台には上がらず、その手前から空を大きく入れての構図を狙ってみた。
f0215347_1132697.jpg

こちらは、天守台北側からの眺め
f0215347_11325490.jpg

少し時間が経ってから(埃が残ってます・・・)立雲峡方面を眺める
f0215347_11372925.jpg


平成4年11月中旬? 竹田城跡にて

ペンタックスLX SMC28ミリ・SMC20ミリ データ不明 RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-10-09 11:38 | 竹田城跡
2010年 09月 18日

早起き

夏場の竹田城跡は、雲海の発生もほとんどない。8月下旬のこの日、真夏の暑さも
和らいだので、僅かな期待心を抱き登城した。夏は早起きしないと、日の出に間に
合わない。この日は、4時には起きたと思う。

城跡の頂上には、霧と呼べるような物は無い。やはりまだ早過ぎる。でも、これは
これで中々綺麗な姿が撮れたと自分に言い聞かせる。雲海に会えなかった慰めだが。
f0215347_1316880.jpg

f0215347_13195532.jpg


平成4年8月30日 ペンタックスLX SMC28ミリ  F11 オート RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-09-18 13:20 | 竹田城跡
2010年 09月 12日

初秋の朝

すっかり放置していたこちらのブログ。本館との統合も視野に入れてるのが正直な気持ちです。
それでも、今日は久しぶりに更新してみようと思い、在庫フォルダを物色してみた。

竹田城跡は年間を通じて、何度も訪ねた思い出の場所。今の季節も、条件が会えば雲海に会える。
秋本番程ではないが、それでも可能性に賭けて行ったものだ。

今回の写真も、そんな気持ちを抱き訪ねた時のもの。城跡の草の緑が鮮やかで、尚且つ霧も発生
した。勿論、周りには誰もいない貸し切りだ。こんな素晴らしい光景を独り占めできる喜びと、
勿体ないと言う申し訳なさ。そんな気分で撮った作品です。

時代は進み、今では多くの見物人や写真家で賑わうようになった竹田城跡。
この日のような、貸し切り状態はもう無理だろう。

中腹の駐車場付近から、城下まで行ける道路があるが、現在はバリケードが置かれ車両の進入が
制限されている。(徒歩では行けます)
多くの人が訪ねるようになった反面、安全性やマナーに関して少々問題が生じて来たからだと思う。
以前より気軽に行き難くなったが、どうか皆さん、マナーを守って来て頂きたい。
f0215347_1012962.jpg
f0215347_10123484.jpg

平成4年9月頃  ペンタックスLX SMC28ミリ F8 オート RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-09-12 10:15 | 竹田城跡
2010年 05月 06日

藤の花

竹田城跡で自生してる藤を撮った。石垣に纏わり付くように咲く薄紫色の花。
f0215347_20372449.jpg


竹田城跡にて  撮影日不明(平成4年5月頃?)ペンタックスLX SMC28ミリ

もう一枚・・・
藤の花と言う事でアップします。この藤、どこかの藤棚ですが、どこなのか全く
記憶が無いんです。
f0215347_20402881.jpg

[PR]

by new-kainaka | 2010-05-06 20:42 | 竹田城跡
2010年 04月 09日

立雲峡の春

竹田城跡の反対側、但馬吉野の異名を持つ立雲峡は但馬を代表する桜の名所。

桜の花が満開を迎えたある日、その桜越しに遠くに見える城跡を撮ってみた。

       1)
f0215347_2244463.jpg

       2)
f0215347_22445083.jpg

       3)
f0215347_22455340.jpg

3枚並べたけど、みんな同じような写真になりました、すみません。


 朝来郡(現・朝来市)和田山町 立雲峡にて

平成6年4月 ペンタックスLX トキナー80~200ミリ データ不明 RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-04-09 22:49 | 竹田城跡
2010年 04月 01日

さくら

竹田城跡は、隠れた桜の名所です。提灯等の飾り付けが無く、麓よりも少し遅れて
楽しめるので人気があります。この頃は、訪れる人も少なく結構好き勝手に撮れた
気がする。

今年は、例年よりも少し早い桜のようだ。多くの人を魅了する桜。また行ってみよう
と思う。
f0215347_2043444.jpg


平成6年4月上旬

マミヤ645Pro セコール55ミリ F16 オート RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-04-01 20:06 | 竹田城跡
2010年 03月 30日

朝光

日の出前に陣取る。朝の光を石垣越しに撮ってみた。

       1)
  こちらは東の空
f0215347_18235147.jpg

       2)
  こちらは西の空
f0215347_18244321.jpg

 薄紫色の空模様がとても綺麗な朝だった

撮影日不明 ペンタックスLX SMC28ミリ データ不明 RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-03-30 18:27 | 竹田城跡
2010年 03月 26日

20ミリの世界

20ミリレンズで撮った冠雪した城跡。ここでの撮影は本来28ミリの方が好きだった。

しかし、この日は28ミリレンズが壊れてしまった。絞りが連動しなくなり、開放状態
で撮れてしまうようになった。修理に出す事も考えたが、マミヤ645で45ミリを使え
ば同じ画角で撮れるので止めた。従って、この時からLXは20ミリと35~105ミリ
を使うようになった。

LXでの20ミリは、超広角になるので少し広めに写ってしまうが。
            1)
f0215347_22123048.jpg

            2)
f0215347_22131326.jpg

            3)
f0215347_22144059.jpg

この日は、僕の竹田通いの中では1番と言って良い程の雪景色だったと思う。日差しも良い
感じ、そして足跡も無い。28ミリでも撮れなかった事が、悔やまれてならない。

平成11年1月30年 ペンタックスLX SMC20ミリ F8 オート RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-03-26 22:20 | 竹田城跡
2010年 03月 23日

積雪と石垣

冠雪した竹田城跡。石垣とのコントラストが良い雰囲気出してます。
         1)
f0215347_21251081.jpg

         2)
f0215347_21255743.jpg

         3)
f0215347_2127696.jpg


平成5年2月27日 ペンタックスLX SMC28ミリ F8 オート(+1) RVP
[PR]

by new-kainaka | 2010-03-23 21:28 | 竹田城跡